インプラント治療の流れ

Step.6 人工歯(インプラント上部構造)の作製

インプラントが骨結合した後に、人工歯(インプラント上部構造)を作製します。
作製の手順はまず型を取ることから始まります。これはフィクスチャー(人工歯根)の型をとる場面もあれば、フィクスチャー(人工歯根)にアバットメント(土台)を連結した状態で型を取る場合もあり、ケースによって異なります。

型が取れると、インプラント上部構造の設計に入ります。特にインプラントは天然歯以上に、細かい噛み合わせを調整する必要があります。天然歯は歯と骨との間に歯根膜があり、これがクッションの役割を果たしてくれますが、歯根膜がないフィクスチャーはほとんど動からないからです。天然歯以上の作業精度が求められる所以です。


そして、機能と同様に求められるのが審美性です。当院では、人工歯(インプラント上部構造)に天然歯に限りなく近い色や透明感、輝きが再現できるジルコニア、セラミックやハイブリットセラミックを用いています。
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.implant-sendai.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/8

コメント






初めて当院で受診される方へ
患者様の声
院長にメール相談
院長にメール相談

仙台インプラントオフィス
後藤吉平歯科について

写真:インプラント 仙台 仙台インプラントオフィス 後藤吉平歯科
〒981-3131
仙台市泉区七北田字町20-1
TEL:022-372-9412
E-MAIL:info@kippeichan.com

患者様がお住まいの主なエリア

仙台市泉区、仙台市青葉区、仙台市宮城野区、黒川郡大和町、黒川郡富谷町

上記以外の地域からもインプラント治療を希望される患者様がたくさん来院されています。お気軽にお越しください。