インプラント治療の流れ

Step.2 精密診断・治療計画

次に、X線写真撮影、CTスキャンなどの機器を用いて検査を続けます。
あらかじめ顎の解剖学的構造を細部にわたって把握し、顎の骨にインプラントを植立するだけの量と厚みがあるかを調べます。

その上で、インプラントを植立させる位置、深度、角度までを綿密に検討し、さらに口腔内診査を行い、口腔内模型を作成して、顎の骨の状態、厚み、歯肉の状態、歯を失った部分の咬み合わせの具合などを、詳細に調査します。
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.implant-sendai.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/12

コメント






初めて当院で受診される方へ
患者様の声
院長にメール相談
院長にメール相談

仙台インプラントオフィス
後藤吉平歯科について

写真:インプラント 仙台 仙台インプラントオフィス 後藤吉平歯科
〒981-3131
仙台市泉区七北田字町20-1
TEL:022-372-9412
E-MAIL:info@kippeichan.com

患者様がお住まいの主なエリア

仙台市泉区、仙台市青葉区、仙台市宮城野区、黒川郡大和町、黒川郡富谷町

上記以外の地域からもインプラント治療を希望される患者様がたくさん来院されています。お気軽にお越しください。