インプラントの種類について

インプラントの種類

インプラントの種類は主流はチタンを用いたルートタイプ で、
他にはカルシウム素材(ハイドロキシアパタイト)をコーティングしたものも骨を呼び込む性質があるため人気があります。

他の分け方としては埋め込む手術が1回で済む1回法と2回に分ける2回法があります。

世界には100社以上のインプラントメーカーが存在すると言われていますが、日本で手に入るのは30社ほどです。10年以上の歴史を持つ主要なインプラントは10年後の生存率がどれも95%を越えて安定した成績を持っています。

当医院でも以下のように数種類のシステムを、
患者さんの希望や骨の状態、かみ合わせの環境に合わせて使い分けております。

●ブローネマルク・インプラント:スウェーデン
40年以上の一番長い歴史があります。オール・オン・4 などの症例や、ショート・インプラント(8mm以下の短いもの)などを使用します。大掛かりな骨造成をさけ、外科的侵襲をさげることができます。即時に歯を提供したり、フラップレス(歯肉無切開手術)に対応できます。

●アンキロス・インプラント:ドイツ

ドイツでは、すでに30年以上の歴史があります。ドイツらしくコンセプトは、まったくかわっていません。特に最近審美領域(前歯など)にたいして世界中から注目をあびています。予後がたいへんよく、当医院では、第一選択となっています。

●ライフコアー・インプラント:アメリカ
●ストローマン・インプラント:スイス

1回法のインプラント・システムです。互換性があり世界中で使用されています。当医院では、臼歯部などに応用しています。

●カルシテック・インプラント:アメリカ
骨質が特に柔らかいなどのケースに高い成功率を誇ります。表面にハイドロキシアパタイトがコーティングしてあり、すみやかに骨結合を達成します。骨造成などと併用しています。
1人1人の患者さまの骨の状態にあわせて、最善なインプラント・システムを適応しています。インプラント治療は、1つだけですべてはまかなえませんので、専門病院であれば、最低2種類以上を扱っていると思います。

●Dentium:韓国

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.implant-sendai.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/6

コメント






初めて当院で受診される方へ
患者様の声
院長にメール相談
院長にメール相談

仙台インプラントオフィス
後藤吉平歯科について

写真:インプラント 仙台 仙台インプラントオフィス 後藤吉平歯科
〒981-3131
仙台市泉区七北田字町20-1
TEL:022-372-9412
E-MAIL:info@kippeichan.com

患者様がお住まいの主なエリア

仙台市泉区、仙台市青葉区、仙台市宮城野区、黒川郡大和町、黒川郡富谷町

上記以外の地域からもインプラント治療を希望される患者様がたくさん来院されています。お気軽にお越しください。